HOME 個人向けFPサービス お役立ちマネーコラム お財布にやさしく学べる英会話レッスン

お役立ちマネーコラム

お財布にやさしく学べる英会話レッスン

最近、英語力を重視する企業が増えています。昇進の条件はTOEIC○○点以上、あるいは、公用語が英語といった会社もあるほど。否応なく英語を習得しなければならない方もいらっしゃるでしょう。また、業界を問わず就活に有利な資格は英検・TOEICとも言われています。そんなことから、お子さんの将来に備えて英会話を習わせたいというお母さまも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、お得に英語を学ぶ方法をご紹介します。

 

  • 魅力がいっぱい!オンラインスクール

今や「英会話」は、家にいながらレッスンを受けることができる時代。しかもこの「オンラインスクール」のレッスン料は通学型に比べ、かなりお安いのです。その大きな理由は2つ。その1つは、教室等の設備が不要なこと。もう1つは、人件費を抑えていることです。講師の多くはフィリピン人。フィリピンは世界で3番目に人口が多い英語公用語国で、英語が堪能なうえ知識レベルの高い人が多いのです。忙しい社会人や主婦にとってはコストの問題だけでなく、場所や時間を選ばずレッスンを受けられるのも魅力です。加えて、スクールまでの交通費がかからないのもお財布にやさしいですね。

 

  • オンラインスクール選びのポイントは?

ひとくちにオンラインスクールといっても、そのシステム・料金体系は様々です。ここではフィリピン人講師のスクールの中から、主な3つのタイプを具体的に見ていきましょう。(料金は2014年7月17日現在)

 

【タイプ1】 A社 マンツーマン

・毎日1レッスン(25分) 月謝5,800円

 

一番多いタイプが、月謝制です。月謝制の良い点は、毎日受講すれば費用対効果が非常に大きいこと。A社の場合、毎日受講すると1レッスンあたり約193円になります(1ヶ月=30日で計算)。コーヒー1杯分のお金で、毎日25分英語に触れることができるのです。講師や受講スタイルなど同じ条件ではありませんが、通学型では40分~60分のマンツーマンレッスンで1回あたり5,000円程度のコストがかかります。同じ5,000円で毎日英語に触れられるなんて魅力的だと思いませんか? ただし、毎日受講しなくても月謝は変わらないため、お休みが多いと1レッスンあたりの単価が上昇します。例えば、月に10レッスンしか受講できなかった場合、1レッスンあたりの単価は580円になり、お得感が薄れてしまいます。そんなことから“毎日英語のための時間が確保できる人”にお勧めのタイプです。

 

【タイプ2】 B社 マンツーマン

・1レッスン(25分) 250円

 

これは利用した分だけ支払うタイプ。このタイプのスクールはあまり多くありませんが、最もニーズが高いといっても過言ではありません。月謝制のオンラインスクールに入会したものの、受講回数が少なく、期待したほどのお得感を感じられずにやめていく人もいます。また、コスト管理に敏感な人ほど「毎日受講しなくては勿体ない!」と自分を追い込み、つらくなってやめてしまうケースもあります。“隙間時間を見つけて英語に触れたい人”や“自分のペースでレッスンを受けたい人”は、このタイプのスクールをお勧めします。

 

【タイプ3】 C社 マンツーマン担任制

・週1レッスン(25分)×4回  月謝780円

 

これは時間と先生が固定となる担任制のスクールです。実は多くのスクールは担任制ではなく、レッスンごとに先生を指名する方式をとっています。しかし、人気の先生はすぐに予約で埋まるため、予約合戦に疲れ果ててスクールを変える人もいるほど。担任制は、予約の手間が省けるうえ、体系的なレッスンを受けられるメリットがあります。またC社はレッスンの回数に関係なく、1レッスン195円と破格の設定です。“強制的に勉強時間を確保したい人”や“進捗状況をみながら指導してほしい人”にお勧めのタイプです。

 

今回は紹介しませんが、ネイティブ講師の場合もリーズナブルな料金設定になっていますので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

 

  • オンラインスクールのここに注意!

最後にオンラインスクールを利用するにあたって、気を付けるべき点に触れておきます。実は、いつでもどこでもできる手軽さが、逆に挫折につながりやすいのです。レッスンを続けるためには、担任制でガッチリとスケジュールを組むなど工夫しましょう。また、スクールの管理監督が行き届かず講師の質にばらつきがあるのも事実。ネット回線が不安定な場合はストレスにもなります。こういった点を踏まえ、まずは入会前に無料体験レッスンでチェックするといいですね。

 

英語に限ったことではありませんが、モチベーション維持が学習を続ける鍵となります。節約上手な皆さんなら、海外旅行のためにコツコツ節約をすることがモチベーションアップに繋がり、ひいては飛躍的に英語力を伸ばせるかもしれませんね!

 

株式会社FPフローリスト

ファイナンシャル・プランナー 望月貴美香