HOME ライフプランソフト「大成功家族® ご利用中のお客様サポート ご利用中のお客様からのよくあるご質問

ライフプランソフト「大成功家族」

ご利用中のお客様からのよくあるご質問

「ご利用中のお客様サポート」のトップへ

「収入」の入力方法

「収入」画面「副収入タブ」に入力が可能です。収入130万円、経費70万円、減価償却費60万円と入力すると、CF表では 「年収/所得 60万円」と反映される仕様になっております。 
ちなみに、減価償却費等は税金・社会保険料算出の際に用いるので 税計算は実際の計算方法と同様です。

以下、入力について確認をお願いします。

1.その他の収入が毎年ある場合「1年毎」、その年限りの場合は「0年毎」ではなく「一時的支出」にチェックがある。

2.期間は世帯主の年齢である。

上記2点、正しくご入力いただけると、提案書にその他収入が反映いたします。

各種手当は、個々に計算して「収入画面」の「その他の収入」にご入力ください。

ただし、児童手当は自動計算されますので「児童手当を見込む」にチェックを入れ、該当の所得区分を選択ください。

収入が上回る時は、CF表の収支がプラスになり金融資産残高が加算されていきます。

「月収」「賞与」「変動率」など入力可能な箇所すべてにご入力いただくと登録できます。例えば、賞与がない場合は「0」の入力をお願いします。

該当データを選択し数値(月収や経費、変動率)を変更後「修正」ボタンを押してください。

ただし、年金の種類については修正できませんので削除して再度登録してください。なお、下の行からしか削除はできません。

収入と年金の種類を変更するには、「退職する」にチェックを入れる必要があります。

例えば、60歳で定年退職される場合以下のようにご入力ください。

収入画面_入力案内

 

自動計算されないため、手入力していただく必要がございます。
計算方法についてはソフトに封入しております「お役立ちシート集」内「出産・育児に関する制度」もご参考ください。

例えば、34歳で産休・育休をとり、35歳で復帰する場合は以下のように入力してください。

「主たる収入」
34歳~34歳 収入…0
35歳~35歳 収入…180万円/年
「その他収入」
34歳 出産手当金と育児休業給付金

その他収入に入力した金額は、税金と社保の計算には含まれません。
ただし、育休中も住民税の支払いは発生しますので、CF表に計上する際は 支出に入力してください。

減税・手当は児童手当以外の手当を受ける場合に使ってください。

たとえば、ひとり親家庭の「児童扶養手当」や「児童育成手当」、身体障がい者の方がもらえる「特別障害者手当」などは「減税・手当」として入力してください。

親や祖父母からの贈与や相続財産をキャッシュフローに反映させたい場合は「その他収入」として入力してください。

「減税手当」「その他収入」のどちらを選択しても、社会保険料・税金計算の対象外となります。

収入画面の「その他の収入」で入力したもの

生命保険の満期保険金、学資保険の祝い金および満期保険金、個人年金の年金

退職金、企業年金の一時金受取額、確定拠出年金の一時金受取額、小規模企業共済の一時金受取額

これらは、CF表「その他の収入」欄に反映されます。

 

収入画面の年金種類を「国民年金」「免除」「未加入」のいずれかを選択した場合の「主な収入」と「副収入」が国民健康保険料の対象になります。世帯主、配偶者の年金種類がどちらも「国民年金」「免除」「未加入」のいずれかの場合は、合算した収入、経費(給与の場合は給与所得控除)で国民健康保険料を算出します。本来は一時所得や雑所得も国民健康保険料に反映されますが、当ソフトで入力された「満期保険金」「学資保険の祝い金」「個人年金の年金額」「その他の収入」に関しては対象外として計算しています。

「住宅」の入力方法

繰上げ返済の入力できるのは5か所ですが、期間と頻度(年単位)を設定することで、6回以上の設定も可能です。

下記の入力動画で設定できる内容をご確認ください。

    「ワンポイントレッスン かんたん入力動画」

 

例えば、2019年6月に住宅を購入される計画を入力いただいても、ソフトでは住宅ローンおよび賃貸の費用が1年分費用計上する仕様になっています。ソフトでは、以下のようにご入力ください。

2019年6月住宅購入 家賃:8万円 住宅ローン:10万円 の時

■家賃 ⇒住宅/賃貸:通常入力
支出/その他の支出 賃貸代調整費 プルダウン「住宅費」 -80万円(6月~翌年3月)入力

■住宅ローン ⇒通常入力                                                   支出/その他の支出 住宅ローン調整費 プルダウン「住宅費」 -20万円(4・5月分)入力

提案書:現在の住まい  家賃の記載                                                    CF表:住宅費→家賃(2か月分)  住宅ローン→住宅ローン(10か月分)

 

住宅ローン詳細入力画面で「住宅ローン計画1」「住宅ローン計画2」を使用する場合は、画面の右側にあるスクロールバーを用いて画面の一番下まで移動してください。

「住宅ローン計画1」「住宅ローン計画2」それぞれ、住宅ローン減税を見込むにチェックを入れていただくと、ペアローンの場合でも住宅ローン控除を反映することが可能です。

減税期間とその後の期間と2行に分けてご入力ください。

例)30歳で住宅購入 固定資産税 10万円(減税期間中) 33歳以降 固定資産税15万円

住宅取得計画 取得後のコスト 入力画面

固定資産税 30歳~32歳 10万円 1年ごと 0%

固定資産税 33歳~終身 15万円 1年ごと 0%

なお、取得後のコストは、支出ページ【その他の支出】に入力し費用を計上いただくこともできます。その際プルダウンは「住宅費」を選択してください。

 

更新料の入力画面に数値を入れなければ表示されません。

例えば、住宅取得計画に2018年6月と入力してもCF上は1年間分のローン返済額が表示されます。
また、家賃も「●万円/月」欄に入力すると1年分が住宅費に計上されます。

これはソフトの仕様上、金額の計算を年単位で行っているためです。

年途中に住宅購入をするときの入力方法としては、以下がございます。
①住宅/賃貸:「入居時費用」に2018年4月と5月の家賃分を入力
「家賃・更新料」は、0万円 1年毎 0万円

提案書:現在の住まいのページに反映
「入居時費用」を「2018年の家賃」と読み替えていただく

②支出:【その他の支出】 プルダウン「住宅費」選択 
2か月分の家賃を入力
住宅/賃貸の「入居時費用」と「家賃」は0万円と入力

提案書:支出【その他の支出】に反映

上記どちらで入力いただいてもCF表上は、住宅費に家賃2か月分が入ります。

 

メインメニュー「住宅」に、住宅ローンの詳細設定ページがございます。

繰り上げ返済の計画を「○歳~○歳、1年ごと ▲万円」と入れていただくと、その期間に毎年定額を繰り上げ返済するプランがつくれます。

詳しくは、かんたん入力動画をごらんください。

かんたん入力動画(住宅ローン)

世帯主のプロフィール入力を行えば、住宅ローンのみを試算することは可能です。

その他の項目の入力方法

「保険・積立」に「個人年金/積立貯蓄」「積立運用」と積立貯蓄を入れる箇所がございます。

   積立金額は、一旦支出計上し、受取年齢として指定された年齢の時にその他の 収入としてCF表に計上します。「個人年金/積立貯蓄」に入力された時は、利回り計算は自動で行われませんので、ご自身で計算してください。

収入は、「その他の収入タブ」では、「その他の収入」「減税・手当」の項目が選択でき、CF表それぞれの欄に計上します。

支出は、「基本生活費」「住宅費」「生命保険料」「車・バイク」「その他の支出」「世帯主社保」「配偶者社保」の項目があり、CF表それぞれの項目に計上します。

作成可能でございます。
 ソフトでは、各年金の加入期間(年数)、厚生年金期間の標準報酬月額をご入力いただき受取年金の計算をしております。

「万が一」画面の左上にある「万が一の必要保障額を算定する」にチェックをすると万が一の場合のシミュレーションを行うことができます。

こちらにチェックが入っているか、ご確認ください。

プロフィールで、子と配偶者以外の同居親族がいる際は子の入力欄をご利用ください。

なお、提案書には続柄が「子」と表示されますのでご了承ください。

プロフィールは未入力とし「その他支出」で 必要に応じた期間に区切って養育費をご入力ください。
養育費が一律でない場合は、平均値を採用するなどで対応いただければ、 児童手当や控除などを考えずに養育費の入力が可能です。

万が一の画面に、既存契約の生命保険金額を入力する箇所はございません。シミュレーションで算出された必要保障額に対して既に準備済みの保険金額で過不足があるかをご確認ください。

なお、「保険・積立」画面に満期保険金を入力した場合は万が一の場合の「その他の収入欄」に反映されます。

確認のために画面が切り替わる仕様になっております。年金ページの入力が済んでいれば追加入力の必要はございません。

お客様の家族構成や年齢によって変動率は変えていますが、最低でも0.2%、育ち盛りのお子様がいる世帯では0.5~1%に設定することが多いです。弊社では、変動率は物価上昇を加味しない「生活の自然な膨張」と捉えて、このような数値を採用しております。

死亡前年度末の金融資産残高
+(プラス)死亡年から配偶者100歳までの収入合計
ー(マイナス)死亡年から配偶者100歳までの支出合計

主な要因として考えられるのは、次の2点です。
1.死亡時の加入年金による、遺族年金受給額の多寡
2.死亡前年の金融資産残高の多寡

■例1
家族構成
<世帯主>
20-42歳 会社員 厚生年金加入
43-59歳 自営業 国民年金加入
<配偶者>
20-42歳 専業主婦 第三号
43-59歳 専業主婦 国民年金
<子供>
なし

世帯主死亡時に受給できる遺族年金は、死亡年齢によって異なります。

●世帯主29歳死亡時
遺族厚生年金(5年間有期)
※配偶者30歳未満で子供いないため有期

●世帯主39歳死亡時
遺族厚生年金

●世帯主40歳死亡時
遺族厚生年金・中高齢寡婦加算
※厚生年金加入中死亡で配偶者40歳以上のため中高齢寡婦加算受給

●世帯主43歳死亡時
遺族年金なし
※国民年金加入時の死亡のため

●世帯主44歳死亡時
遺族厚生年金・中高齢寡婦加算
※国民年金加入時死亡だが、年金加入歴25年を満たしているため
過去の厚生年金加入実績に応じた厚生年金受給

以上のように受給できる年金種類と期間が異なるため、死亡年齢が1歳違うだけで トータル年金受給額が1000万円を超える場合もあります。
必ずしも早く死亡したときのほうが必要保障額が多いとは限りません。

■例2
住宅ローン1000万円繰り上げ返済
死亡年齢が繰り上げ返済の前か後かで、金融資産残高に1000万円の差が生じます。 (他の要因による変動がないと考えた場合)
大幅に残高が減少した後に死亡した場合、必要保障額が多くなるケースもあります。

補足)Ver.5では、「万が一画面」で死亡退職金を入力する際、
「データ取得」ボタンを押すと、「収入画面」の退職年齢と退職金額を 取得することができます。併せてご活用ください。

「プロフィール」画面では将来生まれるお子様の生年月日も入力が可能です。その際、提案書には「-2歳」というようにマイナス表記されます。

本ソフトでは共済年金未対応のため、厚生年金を選択してください。

参照:提案書 前提条件(2)

また、共済年金の職域加算部分を加味する際は、ご自身で受給額を試算いただき、年金入力画面の「受給額を直接入力する」をご利用ください。年金受給中の税社保が正しく計算されます。

ソフトの仕様上、車の所有者(購入者)を判別する機能を備えていないため万が一の時に配偶者の車購入金額だけを反映させることはできません。「万が一」入力画面にて、車・バイクの算入割合を入れていただくと必要保障額の計算に反映させることが可能です。

公的年金が増加しているのは加給年金が支給されるためです。

加給年金は、年下のパートナーが厚生年金加入期間20年を超えている場合でも支給されます。また、年収が850万円未満であるため生計維持要件も満たしています。

(ご参考:日本年金機構ホームページ 加給年金と振替加算)

www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/kakyu-hurikae/20150401.html

他の条件を変えずに賃貸と購入、2種類の提案書を作成 いただくことで比較を行うことができます。
ただし、2種類の住宅費の比較ができる機能は備えておりませんので 提案書の「キャッシュフロー表」「金融資産残高のグラフ」を
2パターン出力する方法で比較をしてください。

また、本ソフトはExcelをベースにしておりますので、CF表に反映された住宅費の総計はセルをドラッグするだけで試算することが可能です。

借入金額を入力時、「内月々分」と「内ボーナス分」に分けて入力してください。なお、ボーナス払いを併用しない時は「内月々分」に借入金を全額入力してください。

住宅費や住宅ローンのかんたん入力動画がございますので、ご参照ください。

かんたん入力動画

★枠内の対象期間とご入力の月数が一致していない為、エラー表示が出ています。

★枠内には、ねんきん定期便の加入歴から年度末までの月数をご入力ください。

例)ねんきん定期便加入歴が「平成30年10月」の対象期間は、平成31年3月(平成30年度)までの月数「5か月」となります。

小規模企業共済は掛金が所得控除として自動計算され、CF表「社会保険料」に反映します。

基準日の使い分けに明確なルールはありません。

例えば、2019年度に住宅購入を予定している為、前年度までの賃貸で生活していた時のキャッシュフローと比較したい、というご要望があった時や、2019年度からの提案では不足がある場合は、基準日を2018年にすることをお勧めします。

CF表の遺族年金などを表示させるためには、以下の要件が必要です。該当箇所の入力またはチェックが済んでいるか、ご確認ください。

■年金入力画面「ねんきん定期便」または「現在までの年金と収入」が入力されている。

■万が一入力画面の上部「世帯主(または配偶者)万が一の必要保障額を算定する」にチェックが入っている。

家庭教育費は習い事等、学校教育費以外に係る費用です。平均値を採用している為、お客様の実態とかい離がある場合には、手入力で数値を変更してください。

幼稚園から高校までの家庭教育費は、『文部科学省「平成28年度 子どもの学習費調査」』の数値を採用しています。各数値の出典は、「お役立シート―子どもの教育費1」をご参照ください。

「保険・積立」入力画面の「個人年金/積立貯蓄」もしくは「積立運用」に入力いただくと貯蓄と受取の入力ができます。

それぞれの反映箇所をご案内しますので、ご確認をお願いします。

【提案書】

「個人年金/積立貯蓄」⇒「年金/積立貯蓄」ページ その他の年金受取額

「積立運用」⇒「積立運用」ページ

【CF表】

「個人年金/積立貯蓄」⇒ 積立時は「生命保険料」に保険料と合算計上  受取時は「その他の収入」に計上

「積立運用」⇒ 積立時は「積立運用」に計上 受取時は「その他の収入」に計上

貯蓄分は、「保険・積立」入力画面の「個人年金/積立貯蓄」にご入力ください。積立期間中は、CF表の支出_生命保険料欄に保険料支出と合算され計上します。

毎月の預金額を金融資産残高として載せる場合は、入力の必要はありません。増加していく金融資産残高の一部が貯蓄分であると解釈してください。

プロフィール情報は、結婚記念日を除く全ての情報を入力必要する必要がありますので、お名前等の入力をお願いします。

大学院進学の入力方法は以下の2つの方法からお選びください。

1.「私立医科6年」または「私立歯科6年」を選択し、費用は平均値を入力する
2.4年生大学を選択し、その他教育に大学院費用を入力する

2を選択すると、CF表反映後のライフイベント表は大学4年、 翌年就職と表示されますのでご注意ください。

1台ごとに設定可能です。メニュー画面の「車・バイク」をクリックしていただくと、最大5台まで名義ごとに設定できるようになっています。

保険・積立のところで入力している場合は、その他の支出で再入力する必要はありません。

例えば、「保険・積立」画面では行数が足りず、保険料を入力しきれない場合は「その他の支出」に入力し、「生命保険料」のプルダウンを選択してください。
そうすると、キャッシュフロー表上では生命保険料の行に保険料が計上されます。

CF表の金融資産残高①には「資産」入力画面の①想定利回りの予想平均利回りが反映します。
金融資産残高②には、「資産」入力画面の②想定利回りの予想平均利回りが反映します。

※想定利回りは、毎年度末のCF表の金融資産残高全体にかかります。
異なる利回りでのシミュレーションをする際にご活用ください。

■借入の入力方法
「その他収入」に入力してください。

■返済の入力方法
すでに返済が開始している借入は「負債」、
将来の借入予定の返済計画は「その他支出」に入力してください。

 

すでに保険料の支払いが終わっている場合は「保険・積立」入力画面で年間保険料を0円としてください。

なお、終身保険の解約返戻金を収入として見込む場合は満期保険金「あり」にチェックをしていただき、受取時の解約返戻金と年齢を入れてください。

 

プロフィールの入力を行えば可能ですが、あくまでも概算です。表示は千円単位までとなります。年金額の確認は提案書の「年金  積立貯蓄」ページをご覧ください。なお、Ver.5では、経過的加算の試算はできません。

本ソフトでは、万が一の際に収入保障保険のような死亡保険金は収入として見込むこができない仕様となっております。
シミュレーションで算出した必要保障額に対して、ご準備されている保障に過不足があるかどうかを一つの指標としてご確認ください。

なお、「保険・積立」画面で満期金を入力した際は万が一の際の「その他収入」として計上されます。

必要保障額の算定時、年金の情報が必要になりますので、確認のために画面が切り替わる仕様になっております。
入力が済んでいれば追加入力の必要はございません。

各入力画面の右上に「×」ボタンがあります。それを押していただければ、入力した内容は自動的に仮保存されます。メインメニュー画面「閉じる」ボタンを押す前までに、「名前を付けて保存」または「上書き保存」をご選択ください。

教育で入力された最終学歴まで扶養家族として計算します。

当ソフトでは、世帯主の社会保険料控除として計算しています。

はい、下記「お問い合わせフォーム」からお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

提案書

世帯主万が一の、配偶者受取年金は以下(A)(B)のうち高額な1つで計算しています。

(A)配偶者の老齢厚生年金全額+配偶者の老齢基礎年金

(B)遺族厚生年金全額+配偶者の老齢基礎年金

実際の年金計算においては配偶者の老齢厚生年金を全額受給したうえで、(B)との差額を遺族厚生年金として受け取る仕組みになっておりますが、ソフトでは全額を遺族厚生年金として計上する仕様です。

「遺族のCF表」は初年度に亡くなったことを前提にして計算をしておりますが、「必要補償額推移表」は毎年、死亡時の条件(18歳までの子どもの有無・加入年金・年齢など)を判定し必要保障額を再計算しているため、死亡した年によって年金額・給付期間だけでなく、年金種類も異なります。

大成功家族で作成したデータは「fpfl」という独自の拡張子で保存される仕様になっており、本ソフトが導入されているPCでのみ、ファイルを開いたり閲覧することが可能です。

データをPDFで保存した際は、個人情報が容易に閲覧できる状態になるため気になるようでしたらパスワードをおかけください。

標準値は以下を参照しています。
文部科学省「平成28年度 子供の学習費調査」
文部科学省「平成29年度 私立高等学校授業料等の調査結果」
文部科学省「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」
文部科学省「平成28年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額調査結果」
日本学生支援機構「平成28年度学生生活調査結果 1-1表、1-3表」

「お役立ちシート集」の教育ページ下部に出典の記載がありますのでそちらも併せてご覧ください。

印刷範囲が細い青線で設定されているので、それをクリック&ドラッグで太い青線まで移動することで1ページで印刷することができるようになります。

詳細は下記をご覧ください。

 

数字が#####となってしまう場合は、以下の方法で表示エラーを解消ください。
1.CFに反映ボタンを押す
2.該当箇所の文字フォントを小さくする
3.印刷設定からPDFに変換する

キャッシュフロー表で20年毎に表示されます。また収支について、その内訳も表示されます。

現在のバージョンではできません。今後のバージョンでは対応を検討してまいります。Ver.4より、「ブルー」・「グリーン」・「ピンク」と提案書のカラーが選択できます。

設定

≪対処方法≫

①プリンターのデバイスを確認

ファイル→印刷 プリンターが合っているか確認してください。

 

(解決しない場合)

コントロールパネル→デバイスとプリンターの表示→印刷に使っているプリンターを通常使うプリンターに設定してください。

上記で解決しない場合は以下をお試しください。

 

②Excelに提案書が並んでいる場合

ファイル→印刷→設定の中の「作業中のシートを印刷」から「ブック全体を印刷」に変更→印刷

 

(PDFにする場合)

名前を付けて保存→コンピューター→参照をクリック→任意の保存先を選択し、ファイルの種類でPDFを選択→保存

「大成功家族(R)」は、データの読込及び入力ともに同時に複数分を作業いただける仕様にはなっておりません。

基本となるプランをあらかじめ印刷してご準備いただき、プレゼン中の変更箇所は、ソフトを使って修正いただくような形でご活用ください。

はい、お好きな場所をご指定いただけます。

計算基準日は、変更できない仕様となっております。

ソフトでは、確定拠出年金の所得控除の計算をしております。

任意の計算期間にはご変更いただけない仕様となっています。

はい、オフラインでもご利用いただく事が出来ます。

反映に時間がかかる原因として考えられることは2点あります。

(1)PCの動作環境

ソフトが推奨する動作環境を満たしていない場合、動作が遅くなります。動作環境についてはこちらをご覧ください。

(2)一時ファイルが作成されていた可能性がある

初めて「大成功家族(R)Ver.5」を起動させた場合などに、「一時ファイル」という仮ファイルが作成されることがあります。この時、セキュリティソフトが同時にバックグラウンドで起動することがあるため、動作が遅くなる原因となります。

「万が一」入力画面を利用すると、反映に時間がかかります。万が一のシミュレーションが不要であれば「万が一の必要保障額を算定する」のチェックを外してください。

以下の対処法でセットアップできるかお試しください。

1.ファイル名が文字化けしている圧縮ファイルの上で右クリック

2.「名前の変更」をクリック

3.ファイル名を「大成功家族.zip」に変更

4.手順書通りに圧縮ファイルを解凍

不具合が解消しないようであれば、お問い合わせよりPC環境をお知らせください。

お問い合わせ

不定期にアップデートのご案内メールをお送りしております。

メール文に沿って作業をしていただければ完了します。

「One Drive」などクラウドに保存される設定になっている事が原因として考えられます。「デスクトップ」や「ドキュメント」などPC内を指定いただくと、保存できる可能性が高いです。

解決しない時は、お問い合せフォームよりご連絡ください。

お問い合せ

ソフト送付時に添付しています『「大成功家族(R)」Ver.5スタートガイド』をご覧ください。

セキュリティソフトが「大成功家族(R)」をウイルスと誤認し、隔離してしまう事象が起こる事があります。

ソフトの再送をいたしますので、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ

大成功家族Ver.3以降より、ショートカットを作成すると、
お家マークのアイコンが表示されるようになりました。

この機能は、Windowsの64ビット版のみ対応しております。

そのため、32ビット版のパソコンでインストールをすると
インストール完了後にエラーメッセージが表示されますが、
ソフト本体はインストールされており、問題なく使っていただけます。

ただしショートカットが自動作成されませんので、以下の手順に従って
対応をお願いいたします。

1.インストールされた「大成功家族」のフォルダを開きます。

インストール時に任意で保存先を変更していなければ
Cドライブに格納されています。

フォルダの場所が不明な場合は、パソコンの検索機能で
「大成功家族」の格納場所を探してください。

2. エクセルの「大成功家族」を右クリックし「送る」⇒
「デスクトップ(ショートカットを作成)」

フォルダのなかには「大成功家族」と表示されている
ファイルが2つあります。 それぞれエクセル(excel)と
エグゼ(exe)という拡張子がついていますが、この
エグゼ(exe)が32ビット版では機能しないため、
お家マークのアイコンが作成できません。
エグゼからではなくエクセルからショートカットを作成
してください。

3.デスクトップにショートカットが作成されているか確認

Excel2007以前のパソコンにソフトを導入した時に表示される事があります。

Excel2007以前のバージョンは、動作保証の対象外です。動作環境をご確認の上、動作保証対象内のパソコンに導入してください。

下記エラーメッセージは、Windows32ビット版のパソコンにインストールした時に表示されることがあります。

Windowsのビット数をご確認ください。

ご確認方法はこちら → https://fp-florist.com/soft/pdf/bit.pdf

Windows32ビット版である事が確認いただけましたら、下記手順をご参照ください。ショートカットの作成が64ビット版のみに対応している為、エラーメッセージが表示されますが、インストールは完了しております。

https://fp-florist.com/soft/faq.php#324

 

Ver.5より、Excel64ビットが動作保証の対象外になりましたので、Excel64ビット搭載PCでソフトを起動すると、以下の注意喚起メッセージが表示されます。「OK」を押して、メインメニュー画面が起動しましたらご利用いただけます。

但し、64ビットご利用中の不具合には対応できかねますので、動作保証環境でのご利用を推奨いたします。

動作環境は、こちらからご確認ください。

https://fp-florist.com/soft/requirements.php

 

パソコンのセキュリティレベルの設定によるものだと思われます。マクロ機能を使ったプログラムをご使用いただくには、マクロのセキュリティレベルを、「中」「警告を表示して全てのマクロを無効にする」を選択してください。手順は下記URLを参考にしてください。

http://www.freeformat.co.jp/FFExcelSecurity.htm

パソコンの買換等

ソフトは一度導入していただくと、翌年以降も引き続きご利用いただけます。その際は、以下の2点にご留意くださいませ。

1.社会保険料や税金は「大成功家族(R)Ver.5」ではH30.4月現在の数値を採用しており、その後の制度改正による更新は予定しておりません。

2.ご購入から1年経過後の、PCのお買替によるソフトの再送はできかねます。

本ソフトはダウンロード版のみです。

パソコンをお買い換えの際には、ソフトの再送が可能です。

買い替えでのソフト再送であれば、追加料金を頂戴することはございません。なお、再送可能期間は購入より1年間です。

配偶者控除の年収1,000万円制限は、Ver.3では対応しておりません。毎年4月時点の税制に基づきソフトの改訂を行っていますので、平成30年の税制改正に基づきVer.5より対応しております。

ソフトを再送しておりますので、下記「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

再送可能期間は、以下の通りです。

Ver.4 2018年11月末まで
Ver.5 2019年11月末まで
ただし、上記サポート終了日が購入から1年に満たない方は、購入日から1年間となります。

お問い合わせフォーム                                                                                                       

 

 

各バージョンのサポート期間は以下の通りです。
Ver.4 2018年11月末まで
Ver.5 2019年11月末まで
ただし、上記サポート終了日が購入から1年に満たない方は、購入日から1年間となります。                                   

 

継続してご利用いただく場合には、新バージョンへの更新手続きをお勧めします。
バージョンアップ時には、当初購入時のシリアルNO.が必要になります。お忘れの場合は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

「大成功家族」は、毎年7月にバージョンアップを予定しております。税制や社会保険の変更内容に対応します。お客様からのご意見を反映し、機能の改良をします。バージョンアップ開始日と料金は、開始日1か月前を目途に発表します。旧バージョンをご利用の方は、新規購入より安い値段でバージョンアップいただけます。

「ご利用中のお客様サポート」のトップへ

大成功家族は株式会社FPフローリストの登録商標です。

ページトップへ戻る