HOME FP養成講座・各種FP向けセミナー FP養成講座 卒業生インタビュー/橋本絵美さん

講座終了後は認定FPとして活躍の道も! FP養成講座

FP養成講座 第1期卒業生 橋本絵美さん / とてもハードな内容でしたが「みんなで卒業するんだ!」と思ってがんばれました。 FP養成講座 第1期卒業生 橋本絵美さん / とてもハードな内容でしたが「みんなで卒業するんだ!」と思ってがんばれました。

FPフローリスト養成講座を申し込むきっかけは何でしたか?

ゆりもとさんの家計セミナーに参加して、「将来FPになりたいけれど、どうしたらよいか」質問したら、養成講座を開講するという話を教えていただきました。
それが第1回養成講座が始まる1か月前だったんです。当時3人目が1歳だったので、受講するか随分悩みました。不可能だと思って断りのメールまで書きあげていたくらいです。

でも、待てよと。私は10人子どもを産みたいと決心していて、今も目標は変更ありません。ということは今ダメならこの先10年以上ずっとダメってことなる。FP資格を取るのは誰でもできるけど、そこからFPになるには誰かに助けてもらうことが必要で、私の子育てプランから行くと働きに出ることは無理。ということは逆に、今の時期にゆりもとさんとお会いできて、FPになる方法を勉強できるのはチャンスだ!外に働きに出られない私にピッタリかも!今だ!と勢いで申し込みました。
夫が受講料を出してもよいよ、じいじとばあばが子ども達の託児をしてくれる、という家族の協力があってこそですが、えいやーっと決意しました。

養成講座の内容はいかがでしたか?

もう、いっぱいいっぱいでした(笑)
勉強中の人や資格を取ったばかりの人なら、そんなに大変ではなかったかもしれませんが、私はAFP資格を取ってからのブランクが1年半以上あったので、FP知識がすっ飛んでいました。
しかも開校直前に聞いて飛び込んだので、事前準備ゼロでした。毎回講座の内容についていくのに必死でした。でも、出るからには一回も休まず吸収し尽そうと思って頑張りました。とても充実していて、「こんなに頭をつかったのは何年ぶりだろう!?」という感じでした。
また、受講生が他にもいらっしゃって切磋琢磨できたのはよかったです。自分の知識がヤバい、というのも、みんながいないと気がつかなかったと思います(笑)
最後のライフプラン提案の課題はとてもきつかったのですが、締め切りがあるし、みんな一緒に必死でやっているから、「みんなで卒業するんだ!」と思って頑張れました。あと、他の人のロープレを見れたのもとてもよかったです。

卒業生インタビュー/橋本絵美さん

第1期卒業生のみなさんと

それはお疲れ様でした。お子さんがいる中、頑張られましたよね。
卒業後1年半ほど経ちましたが、現在はどのようにFP活動をされていますか?

卒業後、FPフローリストクラブのロープレ講座にはほぼ欠かさず参加させていただきました。数か月かけてひと家族のライフプランをメンバー全員で丁寧に作りこむ練習をしました。
さらにFPフローリストと相談して、在宅事務でお手伝いをすることになった途端、4人目を妊娠し、今年6月に無事出産しました。最初は私は執筆は向いていない、書けないと言い張っていたのですが、柳澤さんに「できるよ!」と言われてやってみたらできてしまう、ということの繰り返しでした(笑)

現在、橋本さんオリジナルの携帯スマホ料金節約セミナーが好評ですが、どういうきっかけで始めたのでしょうか?

最初柳澤さんに「節約コラム書いてみない?」と言われて書き始めました。周りのママ友たちが一番困っていたのが、携帯スマホ料金の節約だったので、その内容を書いたところ好評でした。すると今度は柳澤さんから、「このコラムの内容でセミナーしてくれない?」と言われて、突然セミナーデビューすることになりました(笑)
ものすごくドキドキして、「自分より詳しい人が来たらどうしよう!!」と不安でいっぱいになり、、コラムの執筆料やセミナー講師料より、買いあさった本代の方が高くつきました(笑)でも、予想外に反響があり、FP相談にもつながり、嬉しかったです。

出産直前にもセミナー講師をされて、大忙しでしたね。
最後に今後の抱負を教えてください。

卒業生インタビュー/橋本絵美さん

現はい、まず、10人子どもを産むのは、絶対にやりたいので、子育てのウエイトが大きい今後10年は、自宅にいてもできることをしていきたいと思います。

苦手だと思っていた執筆にウエイトがかかってきたのは意外でしたが、書いて発信することでいろいろな人と繋がっていくので大切なのを実感しました。文章指導や出版社との交渉の仕方(笑)も教えてもらえるので安心です。しばらくは2か月に1回ペースでコラム執筆やセミナーをやっていきたいと考えています。

本格始動は10年後、産み終わったあとで、ゆりもとさんや柳澤さんみたいに思いっきりFPで活躍したいです。コツコツやると一歩一歩進んでいること、実感しています。10人産むことと一人前のFPになることは決意というか確信しています。不可能と言われることもありますが、「できる!」と言い張ってやっています(笑)言い訳したら何にもできないけど、やろうと思えばどんな状況でもできるということがよく分かりました。FPフローリストのサポートがあれば本当にできると思っています。

卒業生インタビュー